卒業生の声

同志社女子高校から富山大学医学部合格

2015年4月1日

「常に英語は私の得意科目」N Oさん(同志社女子高校から富山大学医学部合格。小学校6年生から当塾で学ぶ)

私は、小学6年生から高校3年生までの7年間清水英語教室にお世話になりました。初めは何気なく通い始めた塾でしたが、中学生になると授業は一気に本格的になり、週に1回の授業と宿題をこなしていくうちに自然と力がついていきました。

常に緊張で張りつめているような厳しい授業で、答えられなくて怒られることも多かったですが、そのおかげで授業中に多くの知識を吸収できたように思います。高校に入ると、宿題に5、6時間を費やすことも珍しくありませんでしたが、英語は清水英語以外に他に何もしていませんでした。それでも英語に苦労したことは全くなく、常に英語は私の得意科目でした。

浪人をした時もそれは変わることはなく、他の科目で失敗しても英語で失敗することはまずありませんでした。私の大学合格は英語の力なしではありえず、その力は全て清水英語教室で培われたものでした。

7年間この教室に通い続けることは決して楽なことではありませんでしたが、苦しいことを続ける忍耐力が養われ、英語の面白さを知ることができ、そして、継続することの重要性を身をもって実感することができました。私を合格に導いていただき、そして、多くの大切なことを学ばせてくださった清水先生には本当に感謝しています。


卒業生の圧倒的なクオリティ、それが清水の誇りです。

※当塾による加筆、修正は一切行われていません(強調をのぞく)。卒業生からの生の文章をそのまま載せております。

You Might Also Like