卒業生の声

滋賀大学 経済学部 合格

2018年3月27日

「正しい日本語訳ができるように」B Cさん(莵道高校から

私は約1年間、文法と長文のクラスでお世話になりました。

最初は某大手予備校との授業と迷っていましたが、英語に長けている友人の勧めもあり、その友人の英語力に対する憧れもあり、清水英語特訓教室に入塾しました。

今では清水先生に出会えて本当に良かったと思います。

恥ずかしながら、ここへ入塾するまでは英語を「暗記科目」だと捉えていて、単語と熟語を繋ぎ合わせて得点を得るような勉強をしていました。

入塾したてで文法のクラスにいた頃は、なんてことの無い問題でさえ、これでもか!というほど怒られましたし、授業中にメモをとってはいけないので授業内容を覚えていられるかどうか不安もありました。それに文型の書き換えや品詞についての質問も沢山されます。しかし、このように頭に良い負荷がかかることで、反対にとても集中して受けられたように思えます。半年ほど経った頃に、模試にも点数が反映し始めました。

長文の授業では、文法のクラスでの知識が活かされ、一見難解に見える長くて文構造が複雑な文章でも丁寧に品詞分解をして、文型を考えることで正しい日本語訳ができるようになりました。このお陰で国公立の二次対策にもすんなりはいれました。また、時々授業の合間に先生が話される自分の海外での経験談も面白く、見聞を広めることができました。

清水先生は「訳が全てや!」とよくおっしゃいます。この言葉には「物事を合理的に考えなさい」というメッセージがあると思います。実際ここに来てから、私は英語以外にも語彙力、思考力、ものの捉え方など、沢山成長でき、英語の大切さも再確認できました。

1年間本当にありがとうございました。大学でも英語を勉強し続けます。春からもよろしくお願いします。


卒業生の圧倒的なクオリティ、それが清水の誇りです。

※当塾による加筆、修正は一切行われていません(強調をのぞく)。卒業生からの生の文章をそのまま載せております。

You Might Also Like