清水からのメッセージ

アメリカ東海岸の主要都市

2017年12月18日

久しぶりにアメリカへ行きました。私は西海岸側ではしばらく生活していたので、比較的慣れていますが、東海岸は滅多に行きませんので、見るもの聞くものが新鮮です。

今回、約1週間の予定で、Washington DC、New York、Bostonと、東海岸の主要都市を巡って来ました。New York 以外は、初めてです。

Washington DCはVirginia州の北に位置しており、6月の中旬という事もあって、既に南部と言っても過言ではない暑さと湿度の高さには閉口しました。Washington DCは、博物館の多い街ですが、それを全て見て回るには、時間がありません。とりあえず、The Smithsonian museum of aerospace(スミソニアン航空宇宙博物館)だけを見ました。今回は他に用事もあり、博物館見学には余り時間が割けませんでした。

New Yorkは、2002年以来で、当時は同時多発テロの直後で、地下鉄はまだ不通の路線もあり、Ground Zeroは、ようやく事故の後片付けが終わって平地のままでした。
しかし、今回は、もう見事に復興しており、事故現場には、新しい貿易センタービルだけではなく、巨大で斬新なデザインのショッピングセンターまで出来ていました。
とにかく活気に溢れた街である事は、変わりないようです。

Bostonへは長距離バスで向かいました。 東海岸へ来た時は、ハーバード大学は是非見ておきたかったのです。キャンパス及び、大学周辺の外観は質素で普通のアメリカの主要な大学とそれほど変わらない様です。いや、私が卒業した、SeattleにあるUniversity of Washington(ワシントン大学)の方が、余程きれいで、設備も良さそうです。しかし、大学は中身です。このHarvard University(ハーバード大学)から世界の各方面でのリーダーが輩出されている事実は、その重みを感じさせてくれます。

2017年6月

 

 

You Might Also Like